記事の詳細


SPONSORED LINK

結婚生活に終止符。あなたの離婚理由はお金ではないですか?

結婚生活を送っていた夫婦がやむを得ず離婚してしまうことはよくあります。

その理由の中にはお金にまつわるものも数多くありますね。

たとえば、

・生活費をまったく渡さないとか…
・趣味に浪費をして生活に支障をきたすレベルの出費があるとか…
・生活費を渡されて家庭を守っている配偶者が、生活費をギャンブルなどに浪費したとか…
・夫婦二人の財産を自分の家族に許可を得ず過大な資金援助をしたとか,,,
・消費者金融に手を出してしまったとか…

このように、将来のための貯蓄がまったくできないといったような場合は、婚姻を継続しがたい事由と認められ、離婚理由として認められます。

15,000人の離婚問題を解決した弁護士が公開した離婚調停成功マニュアルをいますぐ手に入れる

お金が理由…あなたが悪い?相手が悪い?

お金にまつわることは、夫婦それぞれで価値観が違います。

なので、お金に関する問題が起こった場合は、すぐに離婚するのではなく、まずは夫婦間でしっかりとコミュニケーションを取り話し合っていくことが必要です。

信頼のおける第三者に相談するのも良いです。

離婚するにもお金はかかります。誰が払いますか?

双方が納得しない場合は、裁判を起こして争うことになるのですが、その際は、しっかりとした証拠と費用が必要です。

内容や雇う弁護士にもよりますが、100万円前後かかるということもあるんです。

お金が理由で離婚となった場合、裁判費用に更にお金がかかってしまうので、双方の話し合いで決着をつけるのがお金がかからない方法になるやり方ですね。

お金にまつわる離婚原因の記録や発言の記録、支出の記録などが証拠となりますので、離婚の際有利になるため、日記のようなものでも構わないそうなので些細なことでも書き留めておきましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

ページ上部へ戻る