記事の詳細


SPONSORED LINK

女性から離婚を言い出すことは勇気のいることです。

 まして、子供がいて専業主婦であれば尚更言い出せないと思います。

 

でも、あとから後悔しないように冷静になって考えることが大切です。

 

離婚を決意するには相当な覚悟が必要だと思います。

かく言う私は、子供がいながら離婚を決意した一人です。 原因は夫の浮気でした

 

 

その頃私は育児に追われ、毎日がいっぱいいっぱいでした。

そんな私を夫は支えるどころか、別の女性に癒しを求めたのです。

浮気が発覚してとてもショックを受けました。 自分を責めたりもしました。

 

 

離婚という文字が浮かんでは消え、浮かんでは消えしました。

幼い我が子を一人で養っていけるだろうか、後悔しないだろうか、と。

 



 

その時は仕事をしておりませんでしたので、仕事も見つけなければならない。

その時は離婚した方があとあと後悔するのではないかと思っていました。

 

しかし、一向に育児を手伝わない夫に嫌気がさしていたのも事実です。

浮気は病気で治らないとも言います。 果たして我が子が一人前になるまで、私は仮面夫婦を続けられるでしょうか。

 

悩んだ末、離婚を決意しました。

  自分の精神を保つため、我が子を守るために。

それから私は夫の浮気の証拠をかき集め、私の実家に事情を説明し、しばらく身を寄せることにしました。

 

私の様子がおかしいことに夫が気付いた時には全て後の祭りでした。

私は弁護士を通して夫や浮気相手の女性に慰謝料を請求し、がっぽりともらいました。

さらに養育費に関してもしっかり約束させ、離婚は成立しました。

 

今は私も仕事を見つけ、子供と二人で暮らしています。 子供ののびのび育っている様子を見て、離婚を決意して本当に良かったと思いました。

SPONSORED LINK

関連記事

ページ上部へ戻る