記事の詳細


SPONSORED LINK

子供が生まれて嬉しい。けど、子育てが離婚原因になるなんて…

結ばれて結婚した夫婦でも、子供が生まれてからは子育てに対する考え方の不一致で離婚につながってしまうケースがあります。

子育てに関しては、特に片方の親が子供に対する思い入れが強く、教育ママとなったりエリートな父親からのプレッシャーを与えるような教育的方針を進めたりなどが原因となり夫婦間がこじれてしまうことがあるわけなのです。

そして最悪の場合離婚という結果になるわけです。

子育てに対する考えを話しあっても解決できない…子供の気持ちは?

子育てに対する思い入れが強い親ほど、何かを過剰に教育として与えるというよりも自分の望みを当てつけてるように子供に言ってしまうことがあり、子供にとっても大きな負担を背負わせているケースもあります。

母親、父親も誰にも言えないストレスを感じているのはわかりますが、子供を捌け口ではありません。

子供は親の期待に応えたいと頑張ってしまうもの。しかも両親が仲良くなるなら自分が頑張らなきゃと気を使う子供も少なくありません。

子供がいるのであれば、子供の気持ちに気づいてください。

どうして欲しいと聞くより、どうしたいか。

あなたもどうしたいのか心が決まってますか?

子育てが原因となって離婚となる場合は、思い入れが強い親ほど親権を譲ろうとはしないことが多いのです。

そんな教育熱心な親から子供を守ろうとするため、なんとしてでも離婚後の親権を取ろうと弁護士に相談したりすることもあり、その原因で夫婦間がこじれると、裁判へ持ちかけることも多くあったりします。

教育熱心なのは悪いことではないのですが、あまりに子供に負担をかけるような教育は教育とは言いがたいことを夫婦間で話し合うことが出来るようにしなければなりません。

もし、離婚という結果を招いてもアナタが幸せに暮らしていける方法をみつけましょう。

その方法を見つけるのに役立つのが15,000人の離婚問題を解決した弁護士が公開した離婚調停成功マニュアル

いますぐ手に入れてあなたと子供を幸せな方向に向かわせてくれるはず。

SPONSORED LINK

関連記事

ページ上部へ戻る