記事の詳細


SPONSORED LINK

離婚は必ず子供に影響を与えます

子供が影響を受けてしまうのは間違いありませんが、実際どんな影響を受けるかは、

子供のタイプと離婚の原因や理由によって様々です。

DVや暴力が原因の離婚の場合

暴力が原因の場合は、離婚しないことの方が子供の状態が不安定になりやすいです。

離婚することで影響よりも、しないことでの影響力の方が強いので、むしろ決断した方が良い場合が多いですね。

 

浮気や不倫が原因の場合

離婚の原因では最も多いケースの一つですが、この場合は子供への影響は、マイナスの影響も出ます。

子供の年齢が年頃であれば、浮気などの行為は幻滅する要因でもあるので一緒に暮らしていても、

離婚をしたとしても心に傷を残します。問題は子供が小さい時は、浮気などは分からないので、

離婚する必然性が理解できず辛い思いをするパターンも少なくないです。

 

性格の不一致が原因の場合

この原因は特に、子供には理解しずらい事が多いです。

最も『親の身勝手』と思われてしまうパターンで、明るかった子供が急に引きこもったり

子供の性格自体が変わってしまうケースもあるようです。

 

子供の事を考え離婚へ二の足を踏んでいる人への解決策

離婚はしたいけど、子供への影響を考えるとどうしても決断できないというあなた。

解決策の一つとして、冷めきった関係から、結婚当初のようにラブラブの状態に戻る方法があります。

■ 離婚寸前から新婚当時のラブラブ夫婦へ大逆転する方法

まずは子供のためにこの方法を試してから、ダメだったら今度こそ決断をするのではどうでしょうか。 

 

SPONSORED LINK

関連記事

ページ上部へ戻る