記事の詳細


SPONSORED LINK

離婚時の苗字変更による子供への影響は?

離婚することによって子供の親権が母親にわたった場合、名字の変更という場面が出てきます。

しかし、名字が変わることによって周囲から良くないうわさを流されたり、いじめにつながってしまうケースも少なくないですよね。

 

同じ学校や環境を変えない場合は苗字も変えないという選択も

離婚してからそれまで通っていた学校から転校して、別の学校へ通うようになりますとリスクが軽減されることがあるでしょう。

しかし離婚後も同じ学校へ通う場合は、名字を変えてしまうことで子供がリスクを背負ってしまうことが色々とあったりするものです。

それらを回避するために、子供の名字は変えずに離婚する前のままで通す人も実はいます。

 

感情が優先か?子供が優先か?

学校でも日常生活でも、そのまま通して生活することで不自由なくすごすことができる場合は意外と多くあります。

離婚した人の名字を使うことに拒否感を覚える人もいたりする場合もあるでしょう。

 

しかし感情的なことを通して子供に不便な生活を行なわせるよりも、普段どおりに生活できるように通してあげられるように行なうことも1つの方法となってきます。

それは母親の意向にかかることになりますが、もし子供が話し合いをすることができる年齢であれば話し合いをして、どのようにすごしていこうか理解しあって生活をしていくことが大切ですね。

SPONSORED LINK

関連記事

ページ上部へ戻る