記事の詳細


SPONSORED LINK

あなたは大丈夫?お金が途中で払われなくなるケースが多発中。

愛し合った仲とは言え、相手との性格の不一致や不倫をされたなどの理由で離婚をするという人が多くなっています。
離婚,慰謝料,養育費結婚している3組に1組が離婚していると言われ、約1分49秒に1組は離婚しているという計算に… 逆にそれだけリスタートをきっている人たちが多いということですね。 ただ、同時に決めたはずの慰謝料が払われなくなるなんていうケースも多発しているようです。

 

リスタートするからには、慰謝料や養育費という軍資金を勝ち取らないと

頻繁に離婚がどこかで起きてるのに、簡単に離婚が成立すると言うことは結構少ないです。 離婚するにあたって一番のネックは金銭面。お金の問題が大きく関わっています。 離婚の原因はお互いのものもあれば、相手によるものも…そして、子どもがいるかどうかでも状況が異なってきます。 とはいえ、この軍資金があるのと無いとではあなたのこの先のリスタートの質が大きく変わります。 でもそれは相手も同じ、できれば払いたくないと思うのは想像に難しくないです。

 

慰謝料は離婚をする原因によって金額が異なる。

お互い納得いった離婚理由であれば、慰謝料が発生しない場合も。しかし、不倫や暴力などの相手に原因がある場合には、慰謝料は100万円から500万円というのが相場となっています。 養育費とは離婚の際に子どもを引き取ることができなかった側の親が、同居している親に対して子どもを育てるための費用として支払うお金となっています。 多くの場合父親が母親に支払うというケースがほとんどです。 どのような状況になっても親にはかわりがないという考えのなかで考えられているのが養育費です。

どうすれば決めた金額を支払い続けてもらえるのか?

 

問題は一度、決めた約束を最後まで守って払い続けてもらうことです。 その方法とは、書面での約束。つまり誓約書をつくることです。 ほとんどの場合、それがないために未払いになっても訴えることができなくなっています。 そうならないために、まずはこの離婚マニュアルを手に入れるのがオススメです。 体験者満足度がものすごく高いのが特長です。
【離婚問題解決20,000人の実績】たった3日で離婚できる方法を離婚問題第一人者の澁川良幸が満を持して遂に公開したマニュアル

 

後で後悔しないためにも、最初に全力を注いでください

子どもが成人するまで支払うというのが一般的となっています。

しかし高校を卒業して就職をしたという場合や親権を持っている側が再婚した場合には支払う義務はなくなります。

養育費の相場としては月に1万円から6万円となっていますが、生活苦、再婚、面倒などが理由で支払われないケースも多く、番組でも取り上げられたりするほど。

なので、相手が信用できないのであれば。弁護士を挟んで最初の取り決めをしっかりしましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

ページ上部へ戻る