記事の詳細


SPONSORED LINK

統計的に最も多い離婚の理由は性格の不一致はウソ!?

結婚をして幸せな家庭を築けるカップルもいれば、残念ながら離婚してしまう夫婦もあります。

その別れてしまう夫婦の理由として、よくいわれるのが性格の不一致です。

これは統計的に見ても結果として出ていて、性格が合わないから離婚をしたという意見が良くあります。

 

性格の不一致の裏側本当の理由

ただ統計的にはこのようなデータになっていますけど、実際は別の理由であるケースも多いです。

性格が合わないというのは建て前で、実際は暴力や金銭的な問題で別れることは結構あります。

 

しかしそういうことをアンケート等で答えるのは、躊躇するので多くの場合は性格の不一致と答えます。

そのため統計的には性格が合わなかったので別れた事になっていますが、本当は別のことが原因で離婚していることが多いです。

 

また性格の不一致以外の理由としては、何らかの暴力で別れるケースもあります。

以前は直接的な暴力が中心でしたが、最近は間接的なものが増えてきています。

 

最近の離婚の原因として挙げられる暴力は、精神的な苦痛を与えたというものがあります。

もしくは金銭的な圧力をかけて、それが結果的に精神的な苦痛になった場合もあります。

このように色々なことが原因で離婚をする人がいますが、その傾向は少しづつ変わってきています。

SPONSORED LINK

関連記事

ページ上部へ戻る