記事の詳細


SPONSORED LINK

離婚の慰謝料は分割払いが主流

長年連れ添った夫婦が別れるという熟年離婚が多くなっています。

女性の自立も進み離婚をするということが大きなリスクとそれほど考えられないような時代の流れですね。

とはいえ、離婚での1番の問題はお金。つまり、慰謝料の問題です。

一般的に慰謝料が認められた場合の相場は100万〜500万と言われています。

そこで必ずと言っていいほど浮上するのが、分割払いの問題。

一括でスッキリ蹴りをつけたいところですが、そうもいかないのが現状です。

 

恐るべき分割払いの落とし穴

分割で支払う期間は長くても5年間というのが基本です。

しかし慰謝料の分割払いには、この5年の間に恐ろしい落とし穴があるのを知っていますか?

  • 支払いの滞り
  • 支払いの踏み倒し

人ごとじゃないですよ。これは本当に離婚後のトラブルで多い原因です。

最初は払うと言ったのに・払うと言ったから離婚したのに、、、。

社会情勢や自分の仕事環境の変化によって簡単に約束は反故にされてしまいます。

 

分割払いを最後まで成立させるための方法とは?

落とし穴にはまらないために必要なことは、とても簡単です。

事前の準備。つまり、そもそも踏み倒される恐れがあることを見越して先手を打っておきます。

口約束ではなく、誓約書や弁護士を加えての協議をします。

例えば、支払いが3ヶ月滞った時点で一括返済を約束させる。とか。

 

専門家に頼らずに自分で解決する裏技

さすがに弁護士と何回も相談するお金がないというあなたにオススメな裏技があります。

それぞれの理由や環境の人が実際にどうすれば望む解決方法を得られるかの秘密を公開したバイブル

テレビや雑誌でも取り上げられている離婚問題解決マニュアルがオススメ。

15,000人の離婚解決マニュアル

情報だけじゃなく具体的に何をすればいいのか、行動方法も公開されています。

とにかく、まずは第1歩を踏み出してみましょう。

SPONSORED LINK

関連記事

ページ上部へ戻る