記事の詳細


SPONSORED LINK

なんで性格の不一致での離婚が多いの?

どんなにも大恋愛の末の結婚だろうが、立派な肩書き付きでの見合い結婚だろうが離婚という結果に終わってしまうこともあります。

離婚は、近年では夫婦両者に弁護士がついて家庭裁判所に申し立てるケースが一般的になっています。

多くの場合、理由にあげられる一番は性格の不一致があがるのです。

 

本当の姿はいつまでも隠しておけないから

結婚する前にわからなかったのかと言えばそれまでなんですが、大抵の場合恋愛している時は互いに自分を良く見せておきたい傾向にあります。

 

つまり最高の状態の互を見ながらそのままの状態で、生活を共にしていくわけです。

生活を続けていけば、当然最高の状態を維持しておけはしないことになります。

徐々に飾らない、互のダメなところや嫌な部分を見つけてしまうのです。

 

違う環境で育てば些細なことが気になってきてしまう

まったく違う環境で育った人間同士が、同じ生活スペースでの協同生活なのでささいなことが理由で喧嘩にもなります。

結婚する前だったら、見逃してしまうようなことも諍いの理由になるのです。

それが、こんなはずではなかったとして離婚を考えてしまいます。

 

実は明確な理由がわからないから、性格の不一致と言っている場合も

離婚の理由が性格の不一致として多くあげられるのは、他に明確な事情がない場合でも使用できることもあげられます。

夫婦どちらかの浮気や暴力、浪費といったわかりやすい理由ではないかぎり性格の不一致というのは、比較的通りやすいのもあります。

SPONSORED LINK

関連記事

ページ上部へ戻る