記事の詳細


SPONSORED LINK

子供への影響を最小限に抑えたいのが本音

離婚をすることが決まったときに、一番に心配なことが子供への配慮です。

両親が別々の生活をするということになれば、子供が受ける精神的なショックははかり知れません。

親の離婚に直面をするととても困惑してしまいます。

自分が原因ではないかと責める場合もあります。

両親の両方ともが大好きなのにどちらかを選ぶことができないという厳しい決断を迫られてしまうのです。

 

自分が原因と攻めないようにする説明のタイミングは?

したがって離婚を決めたときには、まず第一に子供にその理由を説明すると言うことが大切です。

そうすることで心構えをしてもらうようにするのです。

しかし離婚についての説明をしたからといってすぐに理解をしてもらえないこともあります。

したがって少しずつ説明を行う努力をするようにします。またできれば両親そろって説明をするというのが理想です。

このときには同時に養育費の問題も発生します。

 

養育費は相手に払うものではなく子どものための権利

これは両親どちらかの義務と考えている人がいますが、あくまでも子供権利なのです。

両親の都合で今までとは違う環境で生活をしなければいけないと言うことになるので、これまでと同じような生活水準を保つように努力をすることが親がしなければいけないことなのです。

したがって18歳か20歳まで養育費は支払わなければいけないという義務があります。

 

自分の望むとおりに離婚をして周囲への影響を最小限に抑える方法

誰でも周囲への影響は最小限に抑えたいですよね、だけどちゃんと慰謝料も欲しいし妥協はしたくない。

そんなあなたにピッタリなものが、15,000人の問題を解決した離婚マニュアル

15,000人の離婚解決マニュアルの詳しい情報を見る

多くの人の悩みを解決する糸口になったマニュアルを読んで、あなたも最適な準備をしてください。

SPONSORED LINK

関連記事

ページ上部へ戻る