記事の詳細


SPONSORED LINK

子供の扶養と健康保険の知っておきたい関係

離婚をするということが夫婦の間の話し合いで決まってもいくつかの問題があります。

その相談の中で多いのが子供に関することです。

子供を引き取ることになった場合、扶養や健康保険などをどうすればいいのかということがあります。

 

夫の扶養に入れる条件

離婚をした後に子供を引き取った場合に、夫の健康保険の扶養に入れるのかと言うことが気になりますが、このように扶養に入れるのは、夫の保険が国民健康保険の場合であるということです。

しかし国民健康保険の中には扶養と言うことがなく世帯ごとの加入となっているので、別居している父親の保険に子供が入ると言うことはできないのです。

 

妻が世帯主になる場合

離婚をした場合には、妻は夫の扶養から出るという形になるので、会社の健康保険に入るか新たに国民健康保険に入るかになります。

この場合国民健康保険に入ると、子供を自分の世帯の一員として入れることができます。

 

減免の制度をうまく活用する

家族の人数によって保険料は上がりますが、この保険には減免の制度があり、収入が少ないと言うことや、母子家庭と言うことで減額になることがあります。

 

この保険料や減免の内容に関しては各自治体によって異なっているので、まずは相談してみることをおすすめします。

国民健康保険の世帯の一員としても大きな損をするというようなことはありません。

SPONSORED LINK

関連記事

ページ上部へ戻る