記事の詳細


SPONSORED LINK

離婚後の子供との面会もルールが確立しているアメリカ

国際結婚をして夫婦の間に、これからもともに生活するには厳しい状況だと感じて離婚したはいいが、妻が日本人で子供を自国につれて帰り、その後夫と面会をさせないというパターンがありますが、もし夫が子供と会いたいと望んでいるにもかかわらず面会させずにいた場合、その元妻が海外旅行などで日本を出てしまいますと逮捕されてしまうことがあります。

 

近い将来日本も子供のとの面会もルール化される可能性が高い

海外の国によっては子供は離婚をしても、結婚をしていた夫婦で育てる義務があり、別れた後でも親権を持っていない親との面会は必要条件となるのです。

それを怠った場合は裁判にかけられることがあります。

 

しかし、日本にはそのような条例はなく、なので離婚後、日本国内にとどまっていれば逮捕されることはないのです。

ですがそれも時間の問題となるかもしれません。

 

なぜなら、日本でもそのような条例を進めていこうという方針が進められているのです。

 

もし、その条例が可決されますと、それまで子供の面会を拒んでいた人がそのままでいることで、裁判にかけられるか、誘拐犯としてつかまってしまうこととなる場合もあり、気をつけなければなりません。

 

この問題は難しいものと考えられておりますが、子供のために良い選択ができるようにするために、その条例を進めるべきかどうか議論が進んでいます。

SPONSORED LINK

関連記事

ページ上部へ戻る